令和4年度 文化庁「生活者としての外国人」のための日本語教育事業 地域日本語教育実践プログラム 「「生活者」のための公的な基礎日本語教育の実践研究事業」 報告会のお知らせ

CINGAは、令和3年度から標記の事業を受託し、「生活者としての外国人」のための日本語教育を茨城県ひたちなか市の国際交流協会と連携して実施しました。

令和3年度は「日本語がほとんどまたは全く話せない人」令和4年度は「会話はできるが読み書きができない人」を対象にし、実践研究を行いました。

本オンライン報告会では、令和4年度の実践、および、2カ年の成果と課題についてご報告します。ぜひご参加ください。

実践研究の取組において、今年度は、定住外国人に対する書字言語教育について新矢麻紀子氏に、また2カ年を通じて、コースの目標設定と評価について宇佐美洋氏に、助言をいただきました。報告会ではお二人からもコメントをいただきます。

日時2月17日(金)13:30-16:00 

場所zoom

定員:100名

対象:生活者のための日本語教育事業を実施中、または実施予定の地域の行政担当者、国際交流協会、総括コーディネーター、地域日本語教育コーディネーター、日本語教師、地域日本語教育の推進に関わる有識者等

プログラム:  

1.コース概要説明

2.令和4年度実践報告 CINGAコース、ひたちなかコース

  有識者コメント1 大阪産業大学 新矢麻紀子氏

3.まとめ「令和3年度、4年度の実践から見えたこと」CINGA

  有識者コメント2 東京大学大学院 宇佐美洋氏

4.質疑応答

お申し込みはこちら↓

https://forms.gle/aqNbM73KGF1nLKzz9

実施した日本語コースについて:

CINGAは、日本語教育を多文化共生のまちづくりの一環と捉えています。そして、対話の中でことばを学ぶ日本語教育を実践しています。

令和4年度事業の日本語教育では、日本語の読み書き能力をつけたいと願う参加者と4ヶ月間で36回のクラスを実施しました。クラスでは、単にひらがな・カタカナ・漢字の読み書きができるように導くのでなく、学習を通して参加者同士や教師が自分の気持ちや経験・考えを表し、また、自分のことを考えることができるように図りました。報告会では、クラスの録画記録を交えて、日本語コースで目指したこととその結果を報告します。

後日配信について

申し込みをしてくださった方には、後日、報告会の録画の一部を配信する予定です。

(授業の様子は、後日配信する録画には含めません)

CINGA地域日本語研究チーム

萬浪・西山

cinganihongo21(at)cinga.or.jp